忍者ブログ

沼池(ぬまち)

距離を測る。■管理:よしを(ヨシヲエモン) ■mail→ yoshiwoemon [at] gmail.com ■Click MENU.
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝起きる直前の夢

<中略>

(地元の元S家の空家周辺)
あたりが薄暗くなったので見えるようになったらしく四方にはてしなく大きいカテドラルのようなものが屹立している。あまりに高いため天辺は上空の薄闇の中に消えて見えず、はては高すぎるあまり、カテドラルの上部が天球に沿って遠近法的に歪んで、建物の突端が天空からさかさまに幾つか突き出している。この風景はおかしいとなんとなく感じており、地球は外側に丸いはずなのにこれだと内側に丸いことにもなってしまっておかしい?? みたいな矛盾を考えている。

前方の地平線から石造りの建物群がこちらに向かって迫ってきており(こちらが近づいていたのかもしれない)、自分と友人のIとがそちら側の石造りの町のほうへダイブしていく。
街中の小さい石橋の上に着地したIは渡った先にあったフライドチキンのガチャポンを行う。ガチャポンには「¥1000 100」などとよくわからない表記がしてあり、ガチャポンに100円玉を入れ続けるIを見ながら、(千円入れればフライドチキン10個でてくるのかな)などと思う。
やがてガチャポンから商品が出てきたらしいが(チキンの丸焼きのようなイメージが現われ、そのようなものが出るらしいことが暗示される)、自分はガチャポン越しにIをみているのでなにが出てきたかわからない。何かIをたいそう戦慄せしめるものが出てきたらしく、Iは悲鳴を上げて飛び出す。

気付くとIが全身に酷い傷を負って立っている。左腕は包帯でぐるぐる巻きにされた義手になっており、右腕は上腕辺りから切断されていて切断面からは骨の代わりに鉛が埋め込まれているのが見える。
どうやらこの街にいるのは危険らしく裏の山の頂上へ避難しようという話になる。登山用のでかいリュックを背負って、棚田の間の草がぼうぼうに茂った未舗装の山道を上り始める。Iのリュックがとても大きいので重すぎやしないかと心配する。
先に3人連れのオタクっぽい女性登山者が歩いており、彼女らの後について上り始める。
山はやわらかい土の斜面で手足を懸けるところも作りやすいが大変急で、誤って落ちたら死んでしまうと思い緊張しながら必死に登る。相当体力を消耗するようで、こたえる。
やがて山肌がガチガチの硬い土に変わっていき、手を食い込ませることができなくなる。前を行く女性たちのリュックにしがみついたりしながら必死に登る。
さらに上ると、斜面がつるつるの岩肌になる。全体が霧でかすんでいるので、うっかり水でも流れてきたら万事休すだと感じながらも、乾いている岩肌をでこぼこを頼りにロッククライミングのようにして登る。途中何度か滑落する。Iはひどい身体なのにここまで頑張っていてすごいなと心配する反面感心する。
途中でわりと大きなくぼみがあり、全然休憩できる環境だとは思わなかったが、Iが呼び止めるのでそこで一旦一息吐く。Iが「ちょっとまってて」などというのでなにをするのかと思っていると、腰に下げていたハンディデジカメを取り出して、下方に広がった霧にかすむ急な岩肌の斜面を撮影しはじめる。呆れていると、撮影し終わったIがデジカメをしまえず難儀していたので、代わりに引き受けて自分のポケットにしまっておいてやる。しまいながら、デジカメが岩肌にぶつかって壊れたらどうしようかと心配する。

<中断(覚醒か何か)>

映像がテレビのニュース中継風になっている。岩肌を登る登山者たちの映像が映し出されており、登山中に雨が降り何人もが亡くなったこと、その日の気温が90度に達したことなどが報道される。
映像の後半では登山者の人数も明らかに増えており、山肌もジグザグとした何か人工的な風のものに変わっていて、(カイジみたいだな)などと思った。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(05/28)
(05/29)
(05/31)
(05/31)
(06/01)

× CLOSE

Copyright © 沼池(ぬまち) : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]