忍者ブログ

よしをの震後/原・映像

福祉と創作。言葉と身体。漫画。■管理:よしを ■mail→ yoshiwoemon [at] gmail.com ■Click MENU.
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月8日の

もうすぐ6月8日ですが、
6月8日、2008年日曜日、12時半ごろ。というのは「秋葉原無差別殺傷事件」が起った日付ですが。
(調べたところ2001年の、大阪府池田市の小学校の児童殺傷事件も同日だそうですが。)
その日はどんよりと曇っていて、重たい嫌な天気でした。
事件発生してから1時間ほど後の秋葉原に自分はいました。
何が起こったのかもよく知らず、山のような野次馬をただ眺めていただけでしたが。

しかしこの6月8日は、3・11と同等の重みで、心の中にわだかまっています。


ずいぶん迂遠な道だ。
こうして進むしかないのだが、しかしずいぶんしんどい。
まわりくどく曲がりくねっている。渦巻いている。
渦巻いて落ち窪んでいる。
遠回りだ。
しかし近道はないが。近道は崖で閉ざされているが。


ここまできたのだから。先に行こうと。
ずいぶん時間があったが、まだまだ足りないとおもう。

どこまで行ったのか。どこに来たのか。到着時刻はいつで、次の発車は何時なのか。
どのようにしてどこへむかえば良いのか。

なにがあり、なにをし、なんのために、

いかにして忘れうるのか・消え 得るのか。

どこに行くのか。

どこから来た、というものはここにあるのか、一体?
ここはどこなのか?
俺はなんなのか、ここにいる?

何に見て、何に見られて・見ているのは何で・何のためで、行くのか。どちらの方へ。
ここにきたのは何か。いつ・どこでか。いずれか。
どうしてか? いつ行くのか? どこにも?
どちら側・どちらの方向・移動?


---
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(05/28)
(05/29)
(05/31)
(05/31)
(06/01)

× CLOSE

Copyright © よしをの震後/原・映像 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]