忍者ブログ

沼池(ぬまち)

距離を測る。■管理:よしを(ヨシヲエモン) ■mail→ yoshiwoemon [at] gmail.com ■Click MENU.
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2,3日前の夢の記憶と、今日のおそらく明け方頃。ひどく曖昧。

なにかのアナウンスによって状況の説明がなされている。モニタもあって映像も映していたかもしれない。(内容忘却)

(安倍公房のエッセイに、ひどく概念的な夢の話があったのを思い出して、あれはこういうものだったのかもしれないと思った。)


---

少年は家出をしてきたのだったが、寒い冬の夜で、サッカーのユニフォームを着ていた
ために野宿で夜を越そうとすると凍え死ぬと思う。アパート(か学校か病院?)のよう
な施設から暖かい光と料理のいい匂いが漏れていたので覗きこんで中に入れてもらおう
とする。しかし、警察を呼ばれかねない(あるいは呼ばれてしまった)ので、逃げる。
バスの停留所で震えていたところを運よく先ほどの施設のお姉さんに保護される。警
察にばれないように頭を丸坊主にする。
やがて家族(両親、兄、弟)が彼を探しにやってくる。彼は頭を坊主にしていたおかげ
でばれない。しかし怪しまれている。兄が、「どうして君は弟(つまり、彼)の下着を
穿いているのですか」というような質問をする。カマをかけているわけだが、なかなか
頭のいい質問をするなと思う。しかし彼は、「いえ、そんな下着はつけていません」と
うまくかわす。
このとき少年の眼が異様に大きく瞳孔が四角く、マンガのデフォルメみたいになって
いた。

彼は何とか無事に家族をやり過ごした。解放された彼は温かい気持ちで嬉々として将
来の夢を語る(その夢と両親の意見が合わず家を出たらしい。内容忘却)。実際気候
も暖かくなっている(室内だったからかもしれない)。なんとなく夢(この夢)の
タッチが少女マンガ風になっている。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(05/28)
(05/29)
(05/31)
(05/31)
(06/01)

× CLOSE

Copyright © 沼池(ぬまち) : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]