忍者ブログ

沼池(ぬまち)

距離を測る。■管理:よしを(ヨシヲエモン) ■mail→ yoshiwoemon [at] gmail.com ■Click MENU.
MENU

ENTRY NAVI

6月8日の

もうすぐ6月8日ですが、
6月8日、2008年日曜日、12時半ごろ。というのは「秋葉原無差別殺傷事件」が起った日付ですが。
(調べたところ2001年の、大阪府池田市の小学校の児童殺傷事件も同日だそうですが。)
その日はどんよりと曇っていて、重たい嫌な天気でした。
事件発生してから1時間ほど後の秋葉原に自分はいました。
何が起こったのかもよく知らず、山のような野次馬をただ眺めていただけでしたが。

しかしこの6月8日は、3・11と同等の重みで、心の中にわだかまっています。


ずいぶん迂遠な道だ。
こうして進むしかないのだが、しかしずいぶんしんどい。
まわりくどく曲がりくねっている。渦巻いている。
渦巻いて落ち窪んでいる。
遠回りだ。
しかし近道はないが。近道は崖で閉ざされているが。


ここまできたのだから。先に行こうと。
ずいぶん時間があったが、まだまだ足りないとおもう。

どこまで行ったのか。どこに来たのか。到着時刻はいつで、次の発車は何時なのか。
どのようにしてどこへむかえば良いのか。

なにがあり、なにをし、なんのために、

いかにして忘れうるのか・消え 得るのか。

どこに行くのか。

どこから来た、というものはここにあるのか、一体?
ここはどこなのか?
俺はなんなのか、ここにいる?

何に見て、何に見られて・見ているのは何で・何のためで、行くのか。どちらの方へ。
ここにきたのは何か。いつ・どこでか。いずれか。
どうしてか? いつ行くのか? どこにも?
どちら側・どちらの方向・移動?


---

"A Thousand Winds" より訳出(②)

私の墓に立って泣くのは止めなさい。

私はそこには居ない。

眠ってはいない。

私は千の風の隅々に居るし、

雪の白銀の輝きの中にも居る。

麦がたわわに実れば、そのひとつひとつの輝きが私だし、

あの穏やかな秋雨だって私なのだ。

君が静かな光の中で目を覚ませば、

私はちょうど上空に向かって

鳥たちをくるくると伸び上がらせている所だし、

日が暮れれば、

私は柔らかな星の瞬きとなる。

私の墓に立って嘆くのは止めなさい。

私はそこにはいない。

死んではいない。

初参加了

20130505110007

コミティア無事終了しました。
今回は非常に簡易な冊子のみだったので無料配布いたしましたが、
スペースに足を運んでくださった方、冊子を読んでくださった方、そして受け取ってくださった方、ありがとうございました。
「新しい漫画」と仰々しいタイトルだったため、表紙で敬遠した人もいたかな? とは反省ですが。

きっとそんなにアヴァンギャルドという意味では、そんなことはないという内容になったと思う。
どちらかというと、自分個人として、エポックメイキング的だった作品を集めた、そんな感じの冊子でした。

次回はもう少し部数を増やしつつ、販売をおこなえたらと思った次第。
でした。

みなさんお疲れ様。思った以上に疲れていたよ。

× CLOSE

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(05/28)
(05/29)
(05/31)
(05/31)
(06/01)

× CLOSE

Copyright © 沼池(ぬまち) : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]