忍者ブログ

沼池(ぬまち)

距離を測る。■管理:よしを(ヨシヲエモン) ■mail→ yoshiwoemon [at] gmail.com ■Click MENU.
MENU

ENTRY NAVI

アリエッティ放送記念(見てないけど)

金ロで「借りぐらし~」が放送されたそうですので、せっかくなのでむかし劇場へ見に行った直後のツイッター投稿感想文をあげます。(2010年投稿)
以下、ついったからのコピペの都合上、下から上に読んでください

---------------------

»
よしを
yoshioemon よしを
どーでもいいけどなんであんな変な場所にアリエッティたちの棲みかがあったのか 原作読めばわかるのかな。
7 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
小人たちは完全に「あちら側」に属するのに対して、翔少年は「こちらとあちらの境界線、半歩あちら寄り」くらいの立ち位置だから、その辺の葛藤も凄いものがあった気がする。
7 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
いや、閉鎖感は「アリエッティ」全体を貫いているからここはむしろ、〈翔=はやお本人、小人一族=はやおの理想〉と捉えるほうがしっくりくるか。
7 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
というか「アリエッティ」全編を通して、あの閉鎖的で無政府主義的(?)な小人一族そのものがまんまジブリのメタファーなんじゃないかと思ってしまう。
7 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
トトロは「子どものときにだけ あなたに訪れる」だったけど、アリエッティでは「滅び行く種族」だからな。ジブリの現在を象徴したひとことといえよう。
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
〈ジブリ回顧(懐古)→ジブリ決別〉 に見えた。最後は期待と不安両方を抱え込んで。
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
というのは俺が言うまででもないことだけど、でもアリエッティは良かったと思う。特にラストシーンが・・・めちゃくちゃな中身だったけど、終わり方がものすごくキレイでした。
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
これはもう「こち亀」とか「ゴルゴ13」と同じレベル。骨董化してる
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
ずーーっつとはやお主導できたお陰で美術やアニメートの技術はすげえですけど、内容や思想や価値観、世界観などが完全に滞ってってって
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
とにかく米林さんには監督をつづけてもらいたい
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
ポニョは終焉というかんじだったが
6 Sep Favorite Reply Delete
»
よしを
yoshioemon よしを
アリエッティ、良くも悪くもジブリの終点て感じ
6 Sep Favorite Reply Delete
PR

2014年7月12日のメモ

統合ははじまりであるわけですが、統合ははじまりにすぎないということです。統合された、その先に行った先での話。その繰返し。反復ではない、また新たな関係が私と世界との間に形成される。

 生命を謳歌されるのは一時なり生命を蹂躙されるままに、皆それぞれの生をいきといて9割をのこす。残りの1割その基底に上乗せして欲望のままに機械的として暴力を慾して制禦を欠いた、肥大しすぎて私ですらない「無死貪慾」の怪物おのれの意志を欠いたリヴァイアサンのような蠕動して渦を巻くただの有機体の塊として強制的生を生きられる。(それは多様性を飲み込み押し潰す形態をとる)

 そのはざま―私は―しかしこうしていられることの「平和」安穏を厳しく追認し続けるはず。

 私 ⇔ 多様性=私でないもの(<斜線を引かれた「私」>)
 否定的でない対立。否定的でない対立が多様性の基軸にあり、ものごとを"美しく"配置し直す。(con-stella-tion:星座的配置)

2014年6月23日のメモ

統合ははじまりであるわけですが、統合ははじまりにすぎないということです。統合された、その先に行った先での話。その繰返し。反復ではない、また新たな関係が私と世界との間に形成される。
「開かれた」というのはあらゆる方位に無限に、ということだが、その可能性たちのある場、ある場では、かならず関係の新たな結ばれ合いが思わせられ、試みられることを経て、それは成就したり失敗したりすることで、世界へも私へもそれぞれ、可能性の結果と、そこから派生する新たな可能性への期待という形で、フィードバックされていく。
そうした模索と再認知の漣(さざなみ)のはるかとして「無限」は定置されている。そこへ到達することが目論まれているわけではなくて、そうした試行延長のあくまで結果として。

無題

去勢した後にこそ、実りが生じる。

緑色の実りが。

段々の畑を登っていく充実した実りが。

肥沃な土壌の上に生じる。

comitia 108 報告

20140505104236

20140510164755

コミティア108終えました。

当日は風邪を引いてしまって、結構大変でしたが、最低限ながら本としてまとめ、売ることができたのは本当に良かったと思います。
購入して下さった方はもとより、足を止めて下さった方々、ありがとうございました。

× CLOSE

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(05/28)
(05/29)
(05/31)
(05/31)
(06/01)

× CLOSE

Copyright © 沼池(ぬまち) : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]